スタバのコーヒーにカフェインはどれくらい入っているのか

スタバのコーヒーにカフェインはどれくらい入っているのか

By Tailored cafe online編集部

スタバのコーヒーにカフェインはどれくらい入っているのか
スターバックスコーヒーは今や世界のどこに行っても存在する代表的なコーヒーチェーン店です。日本にも多くの店舗があり、多くの人によって飲まれています。 スターバックスはそのブランド力もさることながら、豊富なメニュー量も人気の秘訣になっています。メニューによって当然味が異なるのですが、それと同時にドリンクに含まれているカフェイン量も変わっていきます。
今回はそんなスターバックスのドリンクメニューに含まれているカフェイン含有量について、それぞれのメニューに応じてどれくらいのカフェインが入っているのか書いていこうと思います。
参照記事
ブレベ(ブラベ)とは何か?スタバでカスタムできるミルク

スタバ ホットコーヒーのカフェイン量

おそらくスタバで最も飲まれているのはオーソドックスなホットコーヒーかと思います。スタバではホットコーヒーが日によって異なるので、どのコーヒー豆を使用するかでカフェイン量は異なってくるかと思いますが、概ねのカフェイン量は下記の通りになります。

ホットコーヒーのカフェイン量

・ショートサイズ・・・180mg ・トールサイズ・・・260mg ・グランデサイズ・・・330mg ・ベンティサイズ・・・415mg

スタバ アイスコーヒーのカフェイン量

スタバのアイスコーヒーはどのコーヒー豆をしようするかによって焙煎具合などから微妙にカフェイン量は変わってくるかとは思いますが、概ねのカフェイン量は下記の通りになります。

スタバ アイスコーヒーのカフェイン量

・ショートサイズ・・・120mg ・トールサイズ・・・165mg ・グランデサイズ・・・235mg ・ベンティサイズ・・・285mg

スタバ ディカフェコーヒーのカフェイン量

ディカフェになっていてもカフェインが全く入っていないというわけではありません。カフェインレスコーヒーやディカフェコーヒーでもある程度の量のカフェインはどうしても入ってしまいます。 ただし、カフェインの量は圧倒的に少ないので、妊娠中や寝るまであっても体に影響が無いレベルの微量のカフェインになっています。

ディカフェコーヒーのカフェイン量

・ショートサイズ・・・15mg ・トールサイズ・・・20mg ・グランデサイズ・・・25mg ・ベンティサイズ・・・30mg

スタバ カフェミストのカフェイン量

スターバックスではカフェオレのことをカフェミストと表記しています。これはカフェミストとはイタリア語でカフェオレという意味なのですが、少し名前がわかりづらいので、カフェオレはスタバでは飲めないと勘違いしている人も多いようです。

カフェミストのカフェイン量

・ショートサイズ・・・75mg ・トールサイズ・・・115mg ・グランデサイズ・・・150mg ・ベンティサイズ・・・195mg
参照記事
スタバのロゴの人魚セイレーンの正体とその変遷

スタバ エスプレッソドリンクのカフェイン量

スタバでは普通のコーヒーだけではなくて、エスプレッソを使ったラテやカプチーノなども提供しています。当然それぞれのドリンク作成レシピは異なるのですが、使用するエスプレッソの量はどれも同じになるので、カフェインの含有量も同じになります。ホットもアイスもカフェイン量は同じです。

スターバックスラテのカフェイン量

スターバックスラテのカフェイン量

・ショートサイズ・・・75mg ・トールサイズ・・・75mg ・グランデサイズ・・・150mg ・ベンティサイズ・・・225mg

スタバ カプチーノのカフェイン量

カプチーノのカフェイン量

・ショートサイズ・・・75mg ・トールサイズ・・・75mg ・グランデサイズ・・・150mg ・ベンティサイズ・・・225mg

スタバ キャラメルマキアートのカフェイン量

キャラメルマキアートのカフェイン量

・ショートサイズ・・・75mg ・トールサイズ・・・75mg ・グランデサイズ・・・150mg ・ベンティサイズ・・・225mg

スタバ エスプレッソのカフェイン量

エスプレッソのカフェイン量

・ソロサイズ・・・75mg ・ドピオサイズ・・・150mg
参照記事
エスプレッソ・ドッピオとは?スタバの隠れ商品の意味

スタバ カフェアメリカーノのカフェイン量

スタバのカフェアメリカーノではサイズが上がるごとに使用するエスプレッソの量が増えていきます。そのためにカフェイン含有量は下記の通りになります。

カフェアメリカーノのカフェイン量

・ショートサイズ・・・75mg ・トールサイズ・・・150mg ・グランデサイズ・・・225mg ・ベンティサイズ・・・300mg
以上がスターバックスで提供されているドリンクのカフェイン含有量になります。他のコーヒーチェーン店におけるドリンクのカフェイン量もおそらくは同じくらいなのでは無いかなと思います。

カフェインレスコーヒーのおすすめはコトハコーヒー

カフェインレスコーヒーについては私も姉が妊娠してからいろんなものを探して検討しました。もともと姉はコーヒーが大好きだったのですが、妊娠してからカフェインの入っているコーヒーが飲めなくなりました。 そのためにカフェインレスコーヒーで美味しいお店を探したのですが、カフェインレスコーヒーを扱っているお店は意外に少なくてベストなコーヒーを探すのが大変でした。 その中でも私が最も良いと思ったカフェインレスコーヒーのお店はコトハコーヒーさんです。2児のママスタッフが運営しているそうであり、そのためかカフェインレスコーヒーのバラエティも豊かでとてもよかったです。 コーヒー豆のオンライン販売しているお店はパッケージのデザインがイケていないところが多いのですがここはパッケージのデザインのおしゃれなのでギフト用にも使うことができそうです。 実際にカフェインレスコーヒーの購入を検討されている方にはおすすめします↓ コーヒーは好きだけど体調管理の観点からカフェインには少し気を使っているという方はご参考にしていただければと思います。 この記事はthe spruce-Starbucks Caffeine Contentsを参考にして作成されています。