Blog

ブラック・ルシアンとは?コーヒーカクテルの作り方(レシピ)

ブラック・ルシアンとは?コーヒーカクテルの作り方(レシピ)

By Tailored cafe online編集部

コーヒーにアルコールを入れて楽しむという方法があります。コーヒーとアルコールというと何かとても組み合わせとしてイケてない気もするかと思いますが、実は古くからコーヒーにアルコールを入れる方法は使われています。 アイリッシュコーヒーやカフェロワイヤルなどという飲み物はコーヒーにアルコールを入れたもので有名です。そんなコーヒーとアルコールの組み合わせとして、ウォッカとコーヒーリキュールを組み合わせたものもあります。 F.A.B S.A.N.T.I.N.O.さん(@officialfabsantino)がシェアした投稿 - 2017 8月 12 9:44午前 PDT 「ブラック・ルシアン」と呼ばれる飲み物なのですが世界中で楽しまれています。今回はそんなブラック・ルシアンについて、そもそもブラック・ルシアンとは何か、ブラック・ルシアンの作り方、ブラック・ルシアンに似たホワイト・ルシアンとは何か、などについて書いていこうと思います。 参照記事 ダッチ・コーヒーとは?独特な水出し方法でアイスコーヒーを作る ブラック・ルシアンとは何か ブラック・ルシアンとはひとことで言うと、ウォッカとコーヒーリキュールを組み合わせた飲み物です。コーヒーリキュールとしてはカルーア・ミルクで知られている”カルーア”が使用されることが多いようです。 ウォッカとコーヒーリキュールであるのでアルコール度数は高い方なのですが、甘口で飲みやすいカクテルになっています。もともと食後に楽しむ飲み物として考えられた飲み物なので、飲みやすくなっているのです。 Tryoga Faizalさん(@tryoga_)がシェアした投稿 - 2017...

Read more

バナナとコーヒーの食べ合わせは実は相性ピッタリ!

バナナとコーヒーの食べ合わせは実は相性ピッタリ!

By Tailored cafe online編集部

よくカフェに行くとレジの横にバナナが並んで販売されているのを見かけることがあります。手頃な値段で軽くお腹を満たしたい時に食べたくなりますが、少し割高な気分にもなります。 そんなカフェでよく見かけるバナナですが、実はわざわざカフェがバナナを販売しているのには理由があるのです。あまり知られていませんが、実はコーヒーとバナナは相性がよく、健康にも好影響があるのです。 Books and Beans™さん(@booksandbeans)がシェアした投稿 - 2017 5月 31 6:02午前 PDT 今回はそんなコーヒーとバナナの関係について、身体に与える効果・効能や作り方(レシピ)などについて書いて行こうと思います。 参照記事 フィリピン産コーヒー豆の特徴-アラミドコーヒーやバラココーヒーで有名 バナナコーヒーとは何か バナナコーヒーとはひとことで言うと、バナナとコーヒーを組み合わせて飲むことです。バナナはそのまま食べて、食べながらマグカップでコーヒーを飲むこともありますし、バナナをコーヒーの中に入れて飲むこともあります。 コーヒーには人の健康に与える様々なメリットとデメリットがありますが、バナナにはそのデメリットの部分を解消する効果があることからバナナコーヒーが注目されています。 Alternative Coffee Brewingさん(@alternativebrewing)がシェアした投稿...

Read more

ウィンナーコーヒーとは何か?そのレシピと飲み方について

ウィンナーコーヒーとは何か?そのレシピと飲み方について

By Tailored cafe online編集部

ウィンナー・コーヒーという名前をカフェのメニュー表で見たことがある人は多いのではないでしょうか。ウィンナーといったら弁当に入っているタコさんウィンナーをまずは連想しますが、まさかあのウィンナーでは無いだろうと何となくわかります。 カフェのメニュー表にあるウィンナー・コーヒーとはコーヒーの飲み方の一種であり、ひとことで言うと、砂糖入りのコーヒーに生クリームを乗せたものになります。今回はそんなウィンナー・コーヒーについて書いていこうと思います。 目次 1). ウィンナー・コーヒーとは何か 2). ウィーンとコーヒーの関係 3). ウィンナー・コーヒーの飲み方と味 4). ウィンナー・コーヒーの作り方 5). 他の国の伝統的なコーヒーの楽しみ方 ウィンナー・コーヒーとは何か 先ほども軽く書いたように「ウィンナー・コーヒー」とは、コーヒーに砂糖を入れてその上に生クリームを乗せた飲み物です。ウィンナー・コーヒーと聞いてまず何より気になるのがその名前だと思います(笑) この場合の“ウィンナー”とはお肉のウィンナーではなく、オーストリアの首都である“ウィーン風の”という意味です。アメリカのコーヒーを「アメリカン・コーヒー」と呼ぶことと同じ発想です。 Vienna • Wienさん(@topviennaphoto)がシェアした投稿 -...

Read more

カフェモカとは?その作り方(レシピ)とカロリーについて

カフェモカとは?その作り方(レシピ)とカロリーについて

By Tailored cafe online編集部

コーヒーを濃縮して抽出したものをエスプレッソと言います。家で作るコーヒーとなるとホットコーヒーなどが多くてなかなかエスプレッソを作ることは難しいですが、カフェなどではエスプレッソを注文して飲むことができます。 そんなエスプレッソを使った飲み物に「カフェモカ」というものがあります。チョコレートとエスプレッソとホットミルクなどを混ぜて作るその飲み物は昔から世界中で飲まれてきています。 LifeWithBuntCakeさん(@lifewithbuntcake)がシェアした投稿 - 2017 6月 29 9:53午前 PDT 日本でもスターバックスやドトールなどのチェーン店は当然のこと、小さなカフェでもカフェモカを取り扱っているお店は多く、人気商品となっています。 今回はそんなカフェモカについて、その作り方やおすすめなカスタマイズの方法、カロリーなどについて書いて行こうと思います。 参照記事 妊娠中(妊婦)にコーヒーがダメな理由とノンカフェインコーヒー カフェモカとは何か カフェモカとはひとことで言うと、コーヒーとチョコレートを混ぜた甘めな飲み物のことを言います。エスプレッソとチョコレートソースとホットミルクを混ぜ合わせて、その上にホイップクリームを乗せれば出来上がります。 コーヒーの苦味とチョコレートの甘さがうまく混じり合って、コーヒーが苦手という人でも甘いので飲むことができます。一口飲むだけで体がほっこりと温かくなるので、リラックスしたい時などには最適です。 Tonya Liuさん(@tonya_nui)がシェアした投稿 - 2017...

Read more

アメリカンコーヒーとは?日本でしか通じない謎のコーヒー

アメリカンコーヒーとは?日本でしか通じない謎のコーヒー

By Tailored cafe online編集部

カフェや喫茶店のメニュー表で「アメリカンコーヒー」を見ることがあるかと思いますが、実はアメリカンコーヒーって何なのかあまり知らないという人も意外に多いのではないかと思います。 似た名前のコーヒーに「アメリカーノ・コーヒー」という全く別の飲み物もあることも混乱をまねく要因だと思います。しかもアメリカンコーヒーはアメリカという名前が付いているくせにアメリカでは通じないという謎っぷりです。 今回はそんなアメリカン・コーヒーについて書いていこうと思います。 参照記事 どんぐりコーヒーとは何か?さっぱりとした代用コーヒーの作り方 アメリカンコーヒーとは何か アメリカンコーヒーをひとことで言うと、浅く焙煎したコーヒー豆で作ったコーヒーになります。ただ浅く焙煎したコーヒーであり、何か特別なアレンジをしているわけではないただのコーヒーです(笑) ホットコーヒーをお湯で割って薄めたもののことをアメリカンコーヒーと勘違いしている人もいます。しかし、味の薄いコーヒーという点では似ていますが、正確には浅い焙煎したコーヒーがアメリカンコーヒーになります。 コーヒーの焙煎具合については、8段階に分けて分類することが多く、 ライトロースト・・・とても浅煎り シナモンロースト・・・浅煎り ミディアムロースト・・・やや浅めの中煎り ハイロースト・・・中煎り シティロースト・・・・やや深めの中煎り フルシティロースト・・やや深煎り フレンチロースト・・・深煎り イタリアンロースト・・ごく深煎り というように分類されます。コーヒーは、コーヒーノキで収穫された後に、コーヒーチェリーの皮や果肉など外側を覆う部分が取り除かれて精製され、焙煎されて、最後は挽いて粉状になった後に、お湯を入れて抽出することで飲むことができます。 Angela |...

Read more

コーヒーリキュールとは?大人なコーヒーの楽しみ方

コーヒーリキュールとは?大人なコーヒーの楽しみ方

By Tailored cafe online編集部

コーヒーリキュールといえば、「カルーア」を連想する人も多いはず。「カルーア(Kahlua)」という製品名は、アラビア語でコーヒーを表す「カフワ(kahua)」からきているそうです。 ちなみに、カフワは白ワインを指すこともありますが、それはイスラム教の神秘主義スーフィーと呼ばれる人たちが使っていた、トランス状態に至るための“ドラッグ”がカフワと呼ばれていたことに由来します。スーフィーたちは、修行中にトランス状態に至ることで神の精神に近づけると信じていたため、カフワを使用していました。 Vedrenne Liqueurs Syrupsさん(@vedrenneliqueursyrups)がシェアした投稿 - 2017 9月 6 3:10午前 PDT よって、戒律すれすれの大麻などを使うこともあれば、コーヒーや白ワインを用いることも。まさに魅惑の飲み物ですね。話を戻しますと、このカルーアを使ったカクテルで、一番有名なのは、カルーアミルクではないでしょうか?どこの居酒屋のメニューにもあるといっても過言ではない、カルーアミルク。 甘くて飲みやすいので、まだお酒に慣れていないときによく注文していた記憶があります。女性にも人気なカクテルです。個人的には、甘くて料理に合わないという理由で、最近すっかり飲まなくなっていました。しかし、侮るなかれ。バーで飲むカルーアミルクは一味違います。 参照記事 ブラック・ルシアンとは?コーヒーカクテルの作り方(レシピ) バーでカルーアを飲む 大阪で行きつけのバー。東京に住むようになってからは、すっかり足が遠のいていますが、大阪に夜までいるときは、ちょくちょく顔を出します。歴史もあるオーセンティックバーで、私の顔はもちろんのこと、私がいつも何を好んで飲むかも記憶してくれている。本当に居心地がよく、これがプロの仕事なんだろうなぁといつも感動します。 ここのお店のハイボールとマンハッタンが好きな私。しかし、今回はすごーく疲れていて。甘いお酒が飲みたかった。 「いつもと違う、カルーアミルクはいかがですか?」と勧められ、「お任せします」とそのままオーダー。カルーアと牛乳をシェイクして、生クリームが添えられて出てきました。 Vintage...

Read more

ベトナムコーヒーとは何か?その淹れ方と味の特徴

ベトナムコーヒーとは何か?その淹れ方と味の特徴

By Tailored cafe online編集部

コーヒーはそのままブラックで飲んでも美味しいですが、コーヒーが誕生して以来、世界中の国々でそれぞれに合った飲み方が開発されてきました。 そんな中でベトナムはベトナムコーヒーという独自の器具と練乳などを使った他には見られないコーヒーを生み出しました。 今回はそんなベトナムコーヒーについて、その淹れ方や味の特徴などについて書いていこうと思います。 Monk-yさん(@asecretwind)がシェアした投稿 - 2017 4月 30 11:34午前 PDT ベトナムコーヒーとは何か? ベトナムコーヒーとはひとことで言うと、ベトナムで伝統的に飲まれている独自の淹れ方で作られたコーヒーです。その最大の特徴は練乳 (コンデンスミルク)を使うところにあります。 深く焙煎したコーヒー豆を独自のフィルターで抽出し、練乳を加えて飲むのですが、その甘さと濃厚さからブラックコーヒーが飲めないという人からも人気があります。 ベトナムコーヒー以外にも、ベトナム式コーヒー、ベトナムカフェ、ベトナムカフェオレなどといろんな名前で呼ばれています。いかにもアジアっぽい風味であり”エスニックなコーヒー”という言葉が似合う飲み物であると言えるでしょう。 参照記事 ウィンナーコーヒーとは何か?そのレシピと飲み方について ベトナムコーヒーが生まれた背景 ベトナムのコーヒー栽培はフランスによる植民地支配時代に本格的に始まりました。 コーヒー豆の2大品種はそれぞれロブスタ種とアラビカ種と呼ばれているのですが、ベトナムで生産されるコーヒー豆の大半はロブスタ種です。...

Read more

コーヒーカクテルの新たな楽しみ方を!コーヒーとお酒!

コーヒーカクテルの新たな楽しみ方を!コーヒーとお酒!

By Tailored cafe online編集部

「フォース・ウェーブコーヒー」、この言葉をご存知ですか?あまり聞き馴染みないかもしれませんが、この言葉はコーヒーに詳しい方ならば聞いたことがあるかもしれません。コーヒー業界では何か新しいサービスが登場して浸透すると、それを〇〇ウェーブという表現で表すことがあります。 では質問を変えて「コーヒーカクテル」はご存知ですか?こちらはお酒がお好きな方ならばご存知かもしれませんね。そう、最近バーなどで提供される機会が増えてきたこの「コーヒーカクテル」こそが「フォース・ウェーブ」と呼ばれている物であると主張している人もいます。そこで今回はこの「コーヒーカクテル」についてのご紹介をしたいと思います。 Annie Barseghyanさん(@coffeesociety_)がシェアした投稿 - 2017 9月 9 4:18午前 PDT 参照記事 泡盛コーヒーとは?沖縄のファミマで売られている限定商品 〇〇ウェーブって何? コーヒーとカクテル?とお思いになる方も多いと思いますので、先にコーヒーカクテルに至るまでの経緯と「○○ウェーブ」についてお話していきます。 「ファースト・ウェーブ」 19世紀後半、コーヒーの大量生産が可能になり、普通の家庭などでも気軽に飲める「浅煎り」のアメリカンコーヒーが浸透し、コーヒーブーム(第一波)が起こりました。 「セカンド・ウェーブ」 1960年頃から始まった第二波は「スペシャルティコーヒー」の台頭。従来の「浅煎り」のアメリカンコーヒーではなく「深煎り」のエスプレッソをベースにした「カフェラテ」などのコーヒーが大人気となりました。この波の象徴として真っ先に上がるのがあの「スターバックス」です。 Vintage Gentlemenさん(@vintage_gentlemen)がシェアした投稿...

Read more

ウィンナーコーヒーとは?その由来と飲み方、そして作り方まとめ!

ウィンナーコーヒーとは?その由来と飲み方、そして作り方まとめ!

By Tailored cafe online編集部

ウィンナー・コーヒーという名前をカフェのメニュー表で見たことがある人は多いのではないでしょうか。ウィンナーといったら弁当に入っているタコさんウィンナーをまずは連想しますが、まさかあのウィンナーでは無いだろうと何となくわかります。 カフェのメニュー表にあるウィンナー・コーヒーとはコーヒーの飲み方の一種であり、ひとことで言うと、砂糖入りのコーヒーに生クリームを乗せたものになります。今回はそんなウィンナー・コーヒーについて書いていこうと思います。 目次 1). ウィンナー・コーヒーとは? 2). ウィーンとコーヒーの関係 3). ウィンナー・コーヒーの飲み方と味 4). ウィンナー・コーヒーの作り方 5). 他の国の伝統的なコーヒーの楽しみ方 ウィンナー・コーヒーとは? 先ほども軽く書いたように「ウィンナー・コーヒー」とは、コーヒーに砂糖を入れてその上に生クリームを乗せた飲み物です。ウィンナー・コーヒーと聞いてまず何より気になるのがその名前だと思います(笑) この場合の“ウィンナー”とはお肉のウィンナーではなく、“ウィーン風の”という意味です。 「ウィーン」という名前が入っていることからもわかるように、ウィンナー・コーヒーの由来はオーストリアのウィーンから来ています。そこから他の国にも広がって世界中で飲まれるようになりました。アメリカのコーヒーを「アメリカン・コーヒー」と呼ぶことと同じ発想です。 spara_acoさん(@spara_aco)がシェアした投稿 - 2017...

Read more

コーヒー好きにはたまらない!複数のカフェを月額制で利用できるサービスが登場。 –CAFE PASS・30CUPS

コーヒー好きにはたまらない!複数のカフェを月額制で利用できるサービスが登場。 –CAFE PASS・30CUPS

By Tailored cafe online編集部

美味しいコーヒーを毎日飲みたいけど節約もしたい。そんなコーヒー好きのあなたに朗報です! カフェやコーヒーショップ、コーヒースタンドのコーヒーは1杯あたり300~400円程度が一般的な価格帯のため、毎日飲むと月に1万円前後の出費となってしまい、お財布と相談してコンビニやインスタントコーヒーで我慢される方も多いのではないでしょうか。 そんな悩みを解決してくれそうなのが、株式会社Same Skyが2018年3月から開始予定のサービス「CAFE PASS・30CUPS(サーティーカップス)」です。 昨年、日本でも月額会員制のカフェが登場し話題となりましたが、この「CAFE PASS・30CUPS」は月額4,000円前後で1つの店舗や同系列の店舗だけでなく、全く異なる複数店舗のドリンクが月に30杯飲める月額定額制のサービスです。 まだ加盟店はこれから増える様ですが、LIGHT UP COFFEEやTHE COFFEESHOPなどこだわりの1杯が飲める店舗が加盟しているので一見の価値ありです! 本日1月30日からクラウドファンディング で事前登録の受付を開始しているみたいなので気になる方はお早めに。(人数限定の模様) クラウドファンディングのページ https://www.makuake.com/project/cafepass_30/ CAFE PASS・30CUPSの狙いとは 一見するとお店はドリンクをこんなに安く提供して大丈夫なのか、と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、クラウドファンディングのページ内容を参照すると小さなカフェの「集客」と「固定収益」という2つの課題を解決するのが狙いみたいです。 要約すると、店舗が導入するのにかかる費用は無料で、月額で会員(ユーザー)から支払われる収益の60%以上が注文された杯数に応じて各店舗に還元される仕組みになっているため、注文されるほど還元も増えるみたいです。お店からすると集客する手間が省けて、提供した商品の原価も戻ってくるというわけですね。 参照ページ...

Read more

防弾コーヒーとは?ダイエットにも効くコーヒーの作り方

防弾コーヒーとは?ダイエットにも効くコーヒーの作り方

By Tailored cafe online編集部

なんとも印象的というか、強烈な名前の「防弾コーヒー」をご存知ですか?シリコンバレーが発祥のこの「防弾コーヒー」ですが、またの名を「バターコーヒー」と言います。 そんな防弾コーヒーですが、実はダイエット効果を高める働きがあるということで話題になりました。日本でもバターコーヒーを販売しているカフェはいくつかあります。今回はそんな防弾コーヒーについて紹介しようと思います! Norbert "Dis" Gierczakさん(@disstream)がシェアした投稿 - 2017 9月 5 3:54午前 PDT 防弾コーヒーの由来 まず気になる「防弾コーヒー」の由来から。名前がおっかなさすぎますwこの名前の由来は、アメリカのシリコンバレーの起業家・デイヴ・アスプレー氏が考案したコーヒーで、英語では「Bulletproof Coffee」と言います。 Bulletproofが「防弾の」という意味があるようですね。ちなみに他にも意味があって、「欠点がない」「批判の余地がない」という意味もあるようですね。ちなみに防弾コーヒーはバターコーヒー以外にも「完全無欠コーヒー」という名前もあります。 防弾コーヒーという名前で広がっているのですが、デイヴ・アスプレー氏の書いた本「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」の中では「完全無欠の最強のコーヒー」という意味です。 参照記事 グリーンコーヒーとは?ダイエット効果が期待できるコーヒー 防弾コーヒーとは何か 防弾コーヒーは、先ほども少し言いましたが「バター入りコーヒー」のことと思っていただいても構いません。なんとこの防弾コーヒー、ダイエットにも効果的でなおかつ脳の活性化も促すというコーヒーとして日本でもコーヒーマニアの間で注目が集まっています。...

Read more

「コーヒーカクテル」コーヒーとお酒を合わせた新しいコーヒーの楽しみ方!

「コーヒーカクテル」コーヒーとお酒を合わせた新しいコーヒーの楽しみ方!

By Tailored cafe online編集部

みなさん、「コーヒーカクテル」はご存知ですか? お酒がお好きな方ならばご存知かもしれませんね。そう、最近バーなどで提供される機会が増えてきたあの「コーヒーカクテル」です。 コーヒー業界では何か新しいサービスが登場して浸透すると、それを〇〇ウェーブという表現で表すことがあるのですが、この「コーヒーカクテル」こそが「フォース・ウェーブ」と呼ばれている物であると主張している人もいます。 そこで今回はこの「コーヒーカクテル」についてのご紹介をしたいと思います。 コーヒー業界の〇〇ウェーブを知らない人はこちら ファースト・セカンド・サードウェーブからフォースウェーブを予想! Annie Barseghyanさん(@coffeesociety_)がシェアした投稿 - 2017 9月 9 4:18午前 PDT コーヒーとお酒の相性は? 「コーヒーカクテル」とはそのままの意味で、コーヒーとリキュールやウイスキーなどのお酒を合わせたものです。さて、コーヒーとお酒というと一見全く合わなそうな二つですが、その相性はどうなのでしょうか? ①コーヒーとお酒は相乗効果をもたらす コーヒーには覚醒効果があり、集中力が増します。アルコールは逆に集中力を失いますが、脳がリラックス状態になり創造性が向上します。そして両方一緒に摂取するとその特性を潰す事なく集中力と創造性ともにアップすることから、注目の組み合わせになっています。 Alternative Coffee...

Read more